FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人事・労務・労働問題】ニュース記事:精神障害の労災認定の審査の迅速化と認定の促進 専門検討会の報告書公開

 精神障害の労災認定につき、認定基準に具体例が盛り込まれ、明確になるようです。

 ストレス強度が「強」となる時間外労働時間も明示されており、労災と認定されるかの判断がわかりやすくなりますね。相談を受ける弁護士としても、アドバイスがしやすくなるので歓迎です。


【産経新聞のニュース記事】
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111108/biz11110818500028-n1.htm
「1カ月160時間の時間外労働」で労災認定 継続的な身体接触のセクハラも 厚労省、基準見直しへ
2011.11.8 18:49

 長時間労働など仕事が原因で精神疾患になった場合の労災認定について話し合ってきた厚生労働省の専門検討会は8日、労災認定につながる心理的負荷(ストレス)の具体的事例を示した評価表などを記載した報告書を公表した。今後、報告書を基に認定基準を見直し、年内にも全国の労働局に通知、新たな基準による労災の審査を始める。

 精神疾患が原因の労災請求件数は、平成10年度に42件だったが、22年度には1181件になるなど近年大幅に増加。審査に平均約8.6カ月を要するようになり審査期間を早める必要が出てきたことが基準見直しの背景にある。厚労省は、見直しで審査を約6カ月に短縮できると見込んでいる。

 報告書では、精神疾患につながる具体的なストレス強度を「強」「中」「弱」の3段階に分類。それぞれ具体的事例を示し、「強」と判断された事例は、その事実だけで基本的に労災が認められることになった。「中」の事例についても、複数の事例が重なった場合などは総合的に判断し、労災認定される。

 長時間労働は、これまで具体的な時間が示されていなかったが、今回は時間外労働時間で明示。1カ月で160時間以上▽3週間で120時間以上▽連続2カ月間で1カ月当たり120時間以上▽連続3カ月間で1カ月当たり100時間以上-などを「強」とした。

 このほか、急に仕事量が変化して労働時間が増加、1カ月に100時間以上の時間外労働となり、その後も業務に多大な労力を費やしたケースは「強」。1カ月で80時間以上の時間外労働や、2週間以上の連続勤務などは「中」とした。

 業務上のストレスは「悲惨な事故や災害を体験、目撃した」「重大な仕事上のミスをし、責任を感じた」「達成困難なノルマを課せられた」「転勤した」「業務に関連し違法行為を強要された」などできごとそれぞれに具体的な事例を示し、ストレス強度を設定。これまで「対人関係トラブル」の一つだったセクハラは独立し、強姦やわいせつ行為に加え、胸や腰などへの継続的な身体接触などもストレスは「強」とされた。

 過労死問題に詳しい川人博弁護士は「労災の判断に必要な具体的事例が示され、わかりやすくなったことは前進」と評価。その上で「脳や心臓の疾患では1カ月80時間の時間外労働で労災認定されており、精神疾患のハードルは高くなっている」と指摘している。


【厚生労働省のサイト】
報告書概要
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001u5d4-att/2r9852000001u5gt.pdf
報告書(全65頁)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001u5d4-att/2r9852000001u5gz.pdf

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大分県職員の公務災害事件

大分県職員でも公務災害認定請求事件が発生して、関係職員が事情聴取を受けています。

平成11年から16年にかけて、大分県内水面研究所の職員が、上司や同僚の職員たちから罵倒されたり、殴られたり、除け者にされたりして、うつ状態となり、大分県浅海研究所へ異動してから平成18年には所属長たちがこの職員の自宅へ来てから両親を侮辱したりするなどの事件がありました。そして、この職員が精神疾患になって3年間休職して、公務災害認定請求を起こしています。

地方公務員災害補償基金大分県支部は大分県人事課と同じなので、公務災害認定をさせないように組織ぐるみでイジメやパワハラの事実を答弁書等で隠蔽していることがわかっています。

公務員の労災認定も、外部の組織が審査するべきです。

プロフィール

弁護士田辺敏晃

Author:弁護士田辺敏晃
東京の四ッ谷駅近くで執務する弁護士です。
経営者側に立った労働問題の解決に力を入れています。
法律の話題を中心に、書籍紹介、趣味の話などもまぜて書いています。

【Facebook】
http://www.facebook.com/toshiaki.tanabe.5

【事務所】
東京都千代田区麹町6丁目4番地麹町ハイツ902
川合晋太郎法律事務所
電話03-3511-5801

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。