スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース記事:ボランティアツアー活況 GW、被災地は感謝と困惑

 先日、ボランティア休暇の話題を取り上げましたが、その関連のニュースです。

 ゴールデンウィークに、東日本大震災の被災地でボランティア活動をしようとする方は多いようですが、若干、混乱が生じているようです。

 ボランティア側の意欲と、被災地のニーズがうまく合致するように、交通整理できる枠組みが必要になりますね。


ボランティアツアー活況 GW、被災地は感謝と困惑
産経新聞 4月28日(木)7時56分配信

 ■「まさかここまで…」「ゲリラ的訪問混乱も」

 29日から始まる大型連休(GW)期間中、東日本大震災で甚大な被害を出した東北地方に、ボランティアに行こうとする人が大勢いる。旅行会社が企画したバスツアーには応募が殺到、遠方からの空の便も予約で埋まる。現地では「被災地を思う気持ちがありがたい」という思いがある一方、すでに十分な数のボランティアを受け入れている自治体もあり、「準備なくゲリラ的に来られても…」と懸念する声も出ている。(川畑仁志、伊藤鉄平)

 ◆キャンセル待ちも

 バスの中で2晩を明かす「1泊4日」の過密スケジュールで、津波の泥を片づける-。旅行会社「トップツアー盛岡支店」が企画した東京発岩手行きのボランティアツアーは、募集開始からわずか2日間で定員の約90人分が完売した。

 「地元の観光地が軒並み被災し、苦肉の策で企画したが、まさかここまで…。感謝の気持ちでいっぱいです」と同社営業リーダー、小林和弥さん(36)は頭を垂れる。

 ツアーは5月1日と5日の2回。東京を午後10時に出発し、岩手県沿岸部の野田村で2日間、津波被害に遭った家屋から泥を撤去する活動をする。参加費は1人1万9千円。「宿泊施設はすでに復興工事関係者の予約で埋まっており、確保に苦労した」という。

 水戸市の「石塚サン・トラベル」は、宮城県内への日帰りボランティアツアーを計画。GW中に約1千人をバスで運ぶ。参加費は3千円で「赤字覚悟」(同社)。広島や沖縄などの遠方からも問い合わせがあり、1日の運行台数を1台から4台に増やしたが、約200人がキャンセル待ちの状態だ。

 個人で被災地に足を運ぶ動きもある。東北方面にGW中、約300便の臨時便を就航する日航によると、期間中の予約率は7割弱で、「他の路線と比べても、かなり高い数字」(同社)。復興需要とみられ、一部の便では満席も出た。全日空でも、仙台便は発売から10日前後で約58%の座席が売れたという。

 ◆受け入れ一時停止

 宮城、岩手、福島県内の災害ボランティアセンターには「連休中にボランティアに行きたい」などの問い合わせが殺到している。一部のセンターでは「職員が少なく、問い合わせの対応だけで手いっぱい」と悲鳴を上げている状態だ。

 全国社会福祉協議会によると、3県の沿岸部にある31市町村のボランティアセンターのうち、比較的被害の少なかった約20市町村は「すでに定員に達した」などとして、GW中の県外からの個人ボランティアの受け入れを一時停止している。宮城県石巻市や岩沼市など被害の大きかったところは、引き続き募集をしているが、「できれば団体で、事前に連絡してから来てほしい」との要望があるという。

 現地では依然、「ガソリンや食料が不足している地域がある」「宿泊施設や駐車場の確保が難しい」といった問題があり、「事前の連絡や準備なしにマイカーで、ゲリラ的に現地に入られると物資の不足や渋滞を助長しかねない」(担当者)という。

 岩手県宮古市などでは宿泊用のテントを張る場所もなく、車内で寝るための駐車場の確保も難しいといい、被災地の一部道路ではすでに渋滞が発生しているという。

 岩手県災害ボランティアセンターの担当者は「被災地のニーズは日ごとに変わる。個人単位で来られても効率的な対応ができず、現場に混乱が生じる可能性がある」。被災地支援のボランティア団体でつくる「東日本大震災支援全国ネットワーク」の岡坂健さん(35)は「現地に向かう場合にはできるだけ大勢で固まって、ボランティアセンターに事前確認をしたほうがよい」と話している。

 被災地のニーズは全国社会福祉協議会の特設ホームページ(http://www.saigaivc.com)にも掲載されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁護士田辺敏晃

Author:弁護士田辺敏晃
東京の四ッ谷駅近くで執務する弁護士です。
経営者側に立った労働問題の解決に力を入れています。
法律の話題を中心に、書籍紹介、趣味の話などもまぜて書いています。

【Facebook】
http://www.facebook.com/toshiaki.tanabe.5

【事務所】
東京都千代田区麹町6丁目4番地麹町ハイツ902
川合晋太郎法律事務所
電話03-3511-5801

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。